So-net無料ブログ作成
山野草と木地玩具 ブログトップ

キレンゲショウマとレンゲショウマそしてバケツの玩具(7月31日) [山野草と木地玩具]

DSC01185kirennge.JPG
今年の夏は夏らしい夏で、2週間近く連続で30度を越す猛暑になっています。一昨日には豪雨の夕立があり、草花に恵みの雨になりました。キレンゲショウマもあと少しで花開くまでになりました。

DSC01183rennge.JPG
レンゲショウマは開花までもう少し時間がかかるようです。

DSC01182baketu.JPG
このバケツの玩具は鳴子系のこけし工人が戦前(昭和20年以前)に制作したようです。骨董市で入手したものですが奇跡的に退色のない彩色が残されています。この様な素敵な玩具を使い、ママゴト遊びをした当時の幼女は、本当に心豊かな時間を過ごせたかと思うと、少し羨ましくもあります。制作者として大沼健三郎工人を考えていますが、確証はありません。

高尾山の花(7月3日) [山野草と木地玩具]

DSC01128takao.JPG
高尾山に咲いていた花です。ナツシロギクというキク科の外来種のようです。もし、繁殖力が強いようであれば駆除する必要が出てくるとおもいます。
DSC01126konnorihime.JPG
今さんの7月の玩具は七夕に関係のあるものです。織姫、彦星のお話を立体玩具で表したものですが、なんと可愛いことか。クルクルと廻る天の川を挟んで織姫、彦星が何か語り合っているようです。
山野草と木地玩具 ブログトップ
メッセージを送る