So-net無料ブログ作成
検索選択
今晃の木地玩具 ブログトップ
前の10件 | -

お雛様(今晃作品) [今晃の木地玩具]

今日は旧暦3月3日、上巳の節句。我が家では数年前からお正月の参拝を旧暦で行うように成っていたが、今年から、桃の節句も旧暦で行う事にした。

と言う分けで、2月の初めに伝統こけし店「木ぼこ」に届いていた、今さんのお雛様を今日アップ。(「ナイス!」は外してあります。大病後でも、変わらずに作品を作り続けている今晃工人に敬意を表して。)


RIMG0021kon2kon3.jpg

トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

巳(今晃作品) [今晃の木地玩具]


今さんの62回目頒布豆こけしを町田市の伝統こけし店「木ぼこ」へ受け取りに行くと、同時に今さんの来年の干支である巳の作品が届いていた。

色々な干支の作品があるが、今さんの作品には何とも言えないファンタジー性あるものに仕上がっているが如何であろうか?。

赤の土台とその上にとぐろ巻く身体は無垢の木地であるが、私には、神の使いの白蛇を想起させ、白色にも見えるのは、私だけか・・・・・?。こんな可愛い蛇であるのならば、手のひらに乗せて遊んでも大丈夫と思った。

RIMG0161kon3.jpg


nice!(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

辰(今晃作品) [今晃の木地玩具]

体調不良で制作が思うように出来ないでいる今さんの作品が、3月になって伝統こけし店「木ぼこ」に届いた。

今年の干支である「辰」を意匠とした作品である。大病を患い、体調が思わしくない中で制作された作品は本当に可愛い「辰」のオブジェ。

今さんのファンクラブのホームページである「今晃の世界」にも辰の作品が掲載されているが、今回送られてきた作品は、赤ちゃんの辰を意匠としているが「龍」の赤ちゃんというよりも「麒麟」の赤ん坊と呼んだ方が良いほど、可愛い作品になっている。

RIMG0112kon1.jpg

RIMG0113kon2.jpg

RIMG0114kon3.jpg



nice!(13)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

ゆりかご型のエジコ(今晃作品) [今晃の木地玩具]

町田市鶴川にある、伝統こけし店「木ぼこ」で頒布された、「ゆりかご型のエジコ」。首が南部系のキナキナと同じくグラグラと動き、かご本体の中には、挽いた木のボールが2個入っていると言う。木ぼこの主人の注文に、今さんが答えた作品である。

かごを傾け、指を離すと頭がグラグラ動くようにかごの中に、頭と連結して軽い錘を付ける工夫になっている。
(この錘の重さ加減が難しく、適正な重さでなければ、首はグラグラと動かないそうだ。)

また、かごもグラグラ動くように、お釜の底の様に工夫されている。そして、かごを揺らすと、首がグラグラ動いて、可愛い音がコロコロと鳴る様にも工夫されている。

顔の表情も何とも言えない可愛らしさがあり、かごの描彩も顔と同じでメルヘンチックに描かれ、本当に愛らしい作品。

「ゆりかご」のエジコ

RIMG0877kon1.jpg

かごの底までも丁寧に描彩され、また、グラグラ動くようにお釜の底のように工夫されている。

RIMG0878kon2.jpg


短いですが、動画もご覧ください。


nice!(16)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

カミナリ様の子供用雲の歩行器(今晃作品) [今晃の木地玩具]

赤ん坊のカミナリ様が、雲の歩行器で、あっちでピカ、こっちでゴロ、ゴロと歩く練習をしている。道理で今年は局地的な豪雨が多いと思ったのだが・・・・・?

カミナリ様子供用雲の歩行器

RIMG0647konnomotya.jpg
nice!(16)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

豆だるま [今晃の木地玩具]

RIMG0243darama2.JPG

梅雨に入り、草木の花も少なくなってきた。今さんのだるまは6月の初めに「木ぼこ」のお店に、届いていたが、紹介するのはこの様なときにと、取っておいた。今さんは青森県の弘前市、岩木山の麓に住んでいるので、今回の大震災では直接的な被害は無いと聞いているが、この五つのだるまの表情を観ていると、どことなく、困惑しているように観えるのは、私の気のせいか。遅々として進まない、復興を予見したかのようで、観ている私も、いまどきの政治家に呆れかえってしまう。政局だかなんだか知れないが、被災者を第一に見ていない今の衆参国会議員を全て首にし、全員新しい政治家で、この国を立て直さなければ、亡くなられた人たちに対して鎮魂できないのではないかと思う。この様な思いを起こさせる今回のだるまは本当に小さな豆だるまであるが、笑顔のだるまが観れる日は果たして来るのか・・・・・?
nice!(16)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

熊乗り金太郎(今晃作品) [今晃の木地玩具]

長閑に丘を歩く熊乗りの金太郎。ゆっくりと前後に動く、熊と金太郎を観ていると、大震災に逢われた人達にも、お見せしたい気持になった。被災地ではそれどころではないだろうが、この作品の様に早く平穏な生活が取り戻せる事を願う。

熊乗りの金太郎

RIMG0166konn8-1.jpg

RIMG0168konn8-2.jpg
nice!(8)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

掌中の美(今晃作品) [今晃の木地玩具]

今さんの小さな車人形。本当に「掌中の美」といえるもので、この様なものが、平成の時代にも作られている事に、驚きを覚える。

掌中の美

DSC06066konn8-2.jpg

DSC06063konn8-1.jpg
nice!(11)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

お雛様と豆こけし(今晃作品) [今晃の木地玩具]

DSC06045konn9ohinasama.jpg

DSC06047konnhina9-2.jpg

津軽の岩木山麓の嶽温泉で作られた、お雛様と豆こけしが「木ぼこ」に届いた。今晃工人が粗末な作業小屋で作っているものであるが、現地を知る人から見れば、あのような厳しい環境から、この様な暖かな作品が誕生することは、奇跡のように思える。粉雪が舞いこむ冷蔵庫のような作業所から、このようなほのぼのとした作品が出来てくるということを一人でも多くの人に知ってもらえたらばと思う。


タグ:今晃・
nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

トイストーリー「鬼の夫婦(恋人?)の物語」 [今晃の木地玩具]

町田市にある伝統こけし専門店「木ぼこ」の主人から今さんのほのぼのとした鬼の玩具が入荷したというメールが届いた。 さっそく伺い、わけて頂いてきたのが画像の作品である。「木ぼこ」の主人が言うには、今回の鬼の人形2体とも動かす事が出来るので、「物語」が作れるという話であった。そこで、色々と動かしてみたら確かに、それぞれ観る人の想いで、ストーリーが作れると感じた。 「私の物語。」 皆様も作ってみてください。

シーン1
青鬼(男)>今年の御山は雪がふかいな~!
赤鬼(女)>本当に今年は雪が深く、寒いですわね~!
と夫婦の鬼がトイレを我慢して初日の出が昇る、岩木山を見ながら話している。
DSC06005oni1.jpg


シーン2
青鬼>今年もよろしくね!
赤鬼>こちらこそ、よろしくお願いしますね!
DSC06007oni2.jpg


シーン3
赤鬼>もしも、浮気などしたら許しませんからね。
青鬼>そ・そんなことするわけないだろう~。
と青鬼は弁解。
DSC06008oni3.jpg


シーン4
青鬼>お前こそ、誰か好きな人を作ったら承知しないからな!
赤鬼>そんな~、決してしませんわ。
とそっぽを向いて、赤鬼はつぶやく。
DSC06009oni4.jpg


シーン5
青・赤鬼>「そうだね・そうですわね~」と仲良く平成23年の初日の出を拝む鬼の夫婦。
DSC06011oni6.jpg


シーン6
夫婦の足元から初日の出が昇って来て、めでたし、めでたし。・・・・お仕舞
DSC06013onisaigo.jpg





nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート
前の10件 | - 今晃の木地玩具 ブログトップ
メッセージを送る